氷砂糖とお酢を加えてグァバのサワードリンクにする

グァバの効果について

氷砂糖とお酢を加えてグァバのサワードリンクにする 体に良いと良く聞くグァバですが実際はどんな効果があるのでしょうか。まず、グァバの葉には、タンニンやケルセチンなどのポリフェノールが豊富に含まれています。葉と果実には、ビタミンC、β-カロテン、ビタミンE、カリウム、食物繊維なども含まれ、これらの成分は以下のような健康に対する効果が期待できます。まず、グァバの葉に含まれているポリフェノールの効果により、体内に吸収されるブドウ糖の量が減少します。体内に余分に吸収されたブドウ糖は、脂肪に変換されて蓄積されます。このため、体内での脂肪合成減少が見込まれ、ダイエット効果が期待できます。

そして、血液中の悪玉(LDL)コレステロールが増加すると、血管の内壁が脂質で分厚くなり、こぶのようにせり出して血管を狭めるため、高血圧や動脈硬化などが引き起こされます。グァバの葉や果実に豊富に含まれるビタミンCや食物繊維には、血中の悪玉(LDL)コレステロールを減少させ血液をきれいにする働きがあります。さらに、ケルセチンには血液中の抗酸化力を高め、血流を改善したり、血管の健康を保つ効果があり、動脈硬化の予防に効果的です。また、グァバの葉や果実にはカリウムが豊富に含まれています。カリウムは体内でナトリウムとバランスを取り合って存在しています。体内のナトリウム濃度が高くなると、濃度を薄めようとして水を取り込み体液量が増加してしまうため、血管が圧迫され血圧が上がってしまいます。カリウムには、ナトリウムを排泄させる働きがあるため高血圧の予防に効果があります。以上、グァバにはたくさんの効果があり、体に良いと言えるでしょう。