氷砂糖とお酢を加えてグァバのサワードリンクにする

グァバの歴史と用途について。

氷砂糖とお酢を加えてグァバのサワードリンクにする 今回はグァバの歴史と用途についてお話したいと思います。まず歴史ですが、紀元前から熱帯アメリカの先住民の間で食用として親しまれていました。16〜17世紀に東南アジアに伝わり、実を食べる以外にも葉がお茶として用いられていましたが、具体的な健康成分は科学的には証明されていませんでした。近年の研究により、グァバの健康成分が科学的に証明され、グァバの葉からつくられるグァバ茶などは特定保健用食品(トクホ)として商品化され、血糖値が気になる方や健康志向の高い方の間で人気を高めています。現在でも台湾などの東南アジアでは、街中で販売されており簡単に手に入れることができます。また、多くの家庭の庭にもグァバが植えられており、親しまれています。

そして、用途はグァバは果実を生で食べる他、ジャムやジュース、ゼリー、お菓子などに加工され食べられています。また、グァバの葉はお茶にして飲まれています。グァバは室内で育てることが可能なため、園芸用としても用いられています。以上、今回は、グァバの歴史と用途について説明させていただきました。少しでもグァバに興味を持っていただいたなら幸いです。もし見かけたら手に取ってみて下さい。

関連情報